最新のがん医療ー免疫細胞療法

最新のがん医療ー免疫細胞療法

私はがんの家系です。母は6年前に乳がんで左乳房全切除、父は7年前に膀胱がんと3年前に肝臓がんを患い今もがんと闘っています。それまでは私ががんの家系だなんて考えてもみませんでした。いまはネットでいろいろながんの治療方法を調べることができ、それを参考にして自分の治療方法を選ぶことができます。特に母の手術の前には、インターネットで検索した治療法を参考にしたおかげで、術後の後遺症のリスクの少ない手術をしていただける病院に転院でき、今では何事もなかったかのように元気に生活しています。医療は日々発展しており、以前は外科的処置、抗がん剤治療、放射線治療が主流だったがん医療も最近では免疫細胞療法なる新たな治療方法が注目され始めているという情報をよく目にするようになりました。

ナチュラルキラー細胞なるものを最近耳にすることがありますが、これも免疫細胞療法で用いられる免疫細胞のひとつ。今までの医療は悪いところを切除するか、薬の力で抑えるかが主流でした。誰もが知るように、がん治療には後遺症、副作用などの大きなリスクが伴い、がん自体がおさまったとしても、なかなか元通りの健康状態に戻らないのが現実です。でも最新医療である免疫細胞療法は治す根本的療法がちがう、つまり自分自身の体の中にある免疫力を高めることにより自分の体で病気を治すことができるのです。当然熟練した医師の指示のもと自分の体の中にある免疫細胞を増やしてがん細胞をやっつけるわけですが、リスクといえば今のところ高熱が出る人がいるぐらいだそうでこれも、免疫力が高まっているひとつの過程であって、体全体の免疫力がアップして、より元気になることも少なくないそうです。

私たち人間にとって、病気は私たちの幸福を蝕む大敵です。家族の中で一人でもがんや治療が困難な人が出ると家族全体に大きな影響をもたらします。新たな医療である免疫細胞療法が普及することによって誰もが家族みんな病気を克服し笑顔で暮らせることを願っています。

おすすめリンク

Copyright 2014 最新のがん医療ー免疫細胞療法 All Rights Reserved.